居場所をつくることは、不動産屋の大事な仕事 | 会社で絵の個展を開催する不動産屋

初めから当社に飾ってあったかのようだった作品群~東村山の不動産会社

9月9日(金)~9月11日(日)の3日間、当社で「堀越美奈子 個展【自分LOVE~つながっていくもの~】」を開催しました。予約制として、3日間で20人くらいの方がお越しくださいました。

私(阿部)一人が仕事をしている狭いオフィスなので、普段は仕事関係の掲示物や本などがある場所も利用して、友人で画家の堀越美奈子さんの作品を展示。来場者のみなさんと作品をみたり、その作品について語ったり、自由で楽しい時間を過ごしました。

特に3日間の真ん中にあたる10日には、同じく美奈子さんや私の友人、小松エマさんが手作りのケーキを銀食器で食べるという企画を提供してくれて、とても個展に花を添えてくれました。

前述のとおり、普段は私一人で仕事をしている空間が見た目にも実際にもとてもにぎやかで、創業してここにオフィスを構えてから、目に見えて活気があったのは初めてのことでした。そして、展示された絵たちに急ごしらえ感は皆無で、初めからそこに飾ってあったかのように、予約してくださった参加者のみなさんを迎えたのでした。

これからも当社や私にかかわってくれる人たちを「輝くほうへ」~東村山の不動産会社

最終日、私の曲(ミュージシャンでもあるのです)を流しながら、インスピレーションで絵を描く美奈子さんのパフォーマンスは、狭い空間とはいえ圧巻でした。

すべてを終えて、片付けるとき。また日常の風景に戻っていくことがこんなに寂しいと感じるなんて、企画したときは想定していませんでした。

当社では開業当初から、美奈子さんの作品「輝くほうへ」を飾っています。太陽をモチーフに会社がどんどん輝くほうへ進んでいくという願いが込められています。この3日間で、美奈子さんの作品はもちろん、関わってくださったみなさんのエネルギーが当社に充満した感じがあります。本当にありがたいことで、また必ず開催したいと思っています。

「不動産屋が絵の展覧会なんてやって、何か意味あるの?」って思いますか。「居場所をつくること」は、不動産屋の大事な仕事の一つだと考えています。

輝くほうへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。