「不動産競売では市場より安く買える」ということを忘れてあまり欲を出さないこと | 東村山市の不動産会社

「落札できなくても間違ってはいない」とは??~不動産競売サポート

不動産競売の落札価格を当てるのは、プロの業者でも難しいと思います。業者がさまざまな統計や物件固有の事情等々に基づいた“真っ当な”入札額を提示できていれば、基本的に「落札できなかった」はあっても、「間違っていた」はそれほどないものです。

実際の落札価格と比較して30%くらいの差なら、間違いとは言えません。「30%も違うのに??」と思われるかもしれませんが、そもそも競売は実際の市場価格よりも安く不動産を買える市場。同じ不動産を一般市場で購入したら、そんなものでは済まないことは多いはずです。

業者ならあなたが「高く」落札した不動産でも十分利益が出せる~不動産競売サポート

たとえば、あなたがお目当ての物件を次点の入札者より+30%で落札できたとしましょう。そんなとき、こんなことなら、もう少し安く入札しておけばよかったと思うのは大きな間違いです。

海千山千の仕入れ業者なら、不満を持つあなたから、あなたが入札したのと同額で当該不動産を買い取ったとしても、必ずリフォームなどの付加価値をつけて、市場でそれなりの利益を出すことができるのです。

だから、その程度の差であれば欲の皮を張るのではなく、まずは落札できたことを喜ぶべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。