「オフィスとは何か」を捉え直す | 店舗・オフィス賃貸

もうただ作業をこなす場ではありえない~事業用物件

コロナ禍の影響で在宅勤務が増えて、「オフィスとは何か」ということが見直されています。コロナ以前から、コワーキングスペースやカフェで仕事をするといったスタイルはありましたが、どちらかといえばフリーランスの仕事スタイルであって、会社勤めの人はオフィスに毎日出社するのが当たり前でした。

必要に迫られて在宅勤務を実施してみたことで、出社しなくてもできる仕事は、思ったより多いことが明らかになりました。そのおかげ今度は、ではそれを踏まえてオフィスはどうあるべきかということも、捉え直すきっかけになったように思います。

ただ作業をこなす場ではなく、もっと創造的なことを行ったり、顔を突き合わせることによる“化学反応”を起こしたり期待したりする場になったといえるでしょう。

物を売らない店舗の登場~事業用物件

また、ソーシャルディスタンスが奨励されて、健康で快適な環境で仕事をするという観点からも、狭いオフィスに過密状態ということは好ましくないと考えられるようになってきました。

オフィスに限らず、店舗の場合でもEC化(ネットでの買い物等)が進んで、リアル店舗は今後どうあるべきかということが問われてきています。今では商品を置かずに紹介だけ行い、ご購入はネットでどうぞという形態も現れています。

コロナ以前は盛り上がりを見せていた民泊ビジネスも、今後は何らかの見直しを迫られるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。