「ペット可」の管理規約は改正されることもあり得る | 区分所有マンション

ペットの問題はご近所トラブルの代表格~東村山の不動産会社

ご近所トラブルの代表的なものに、ペットに関する問題があります。動物が好きな人もいれば、嫌いな人もいるわけですから、些細な事からトラブルに発展しやすいということはあるでしょう。特にマンションだと、区分所有者が“一つ屋根の下”で暮らしているようなものなので、余計にナーバスな話ではないでしょうか。

先日、ネットで次のような記事を見つけました。

「ペットOK」だったマンションが、管理規約改正で「飼育禁止」に…「こんな理不尽なことってあり?」弁護士が解説

ペットの飼育が可か不可かというのは、管理規約によって決められますが、その管理規約の変更に伴い、ペットを飼うことができなくなるケースもあり得るという話です。

おたがいを思いやるという当たり前が大事~東村山の不動産会社

自分自身は周囲に迷惑はかけていなくても、他の住人の中にペットに関するマナー違反を改めない人がいるばかりに、管理規約が改正されてしまった場合、従わなければいけないのか否かということですが、記事によれば理不尽でも従わざるを得ないという見解だそうです。

管理規約の改正は、住人の多数決で決められるものなので、基本的には決まったことには従わなければいけないのですが、手間やお金を惜しまなければ、戦い方はある気がします。

もっとも、袖振り合うも多生の縁。マンションでは、おたがいが気持ちよく暮らせるように心がけるのがあるべき姿です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。