「誰もが結婚をするか、しないか選べる社会へ」の宣言 | 同性カップルのお部屋探し

信頼に感謝~東村山の不動産会社

当社は、「同性カップルのお部屋探し」を前面にかかげて創業しました。同性カップルが部屋を借りるときなど、差別的な対応を受けるなどして嫌な思いをしなくて済むような不動産会社をつくるという趣旨です。

ところが当初の思いとは裏腹に、事業用賃貸物件や収益物件に関するお問い合わせを多く頂戴し、あまりそちらのほうの取り組みは行えていませんでした。しかしながら、そんな当社だからこそ、信頼してくださる方もいらっしゃるのだと考えるようにしています。

そんな当社ですがこのたび、CSR活動の一環として、同性婚の法制化をめざしての働きかけを行うことを決めました。以下、その「宣言」です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

同性婚法制化へChange~誰もが結婚をするか、しないか選べる社会へ

日本では同性婚ができません。あなたは子どもから、「日本ではなぜ女性(男性)同士だと結婚できないの」と訊かれたら、なんと答えるでしょうか。

日本では戸籍上の性別を理由に、結婚できない人たちがいます。

同性愛は「趣味の問題」ではありません。病気でもないので、治すものでもないのです。生まれながらにして、また後天的に変化したり、気付いたりすることもありえる違いに過ぎません。容姿が人それぞれ異なるようにです。

同性婚で少子化に拍車がかかるというのも、荒唐無稽な話です。同性愛は流行や伝染病、ウイルスでもなければ、同性愛者は吸血鬼か何かでもありません。同性婚が認められたからといって、同性愛者ではない人たちの日常は、何も変わらないのです。

誰もが等しく結婚できる権利。するか、しないかを選ぶことのできる権利。これらを得るためには、法律を変えなければいけません。選択肢すらないのが問題なのであって、結婚したくなければ、しなければいい話です。

「自分は異性愛者だけど非モテだから結婚の権利がない」とか、そういうのは無しでお願いします。

誰もが結婚をするか、しないか選べる社会へ。さあ、同性婚法制化へChange。動き出そう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。