退去予定の物件への申し込みについて | 不動産賃貸

まだ人が住んでいるお部屋の内見はできない~不動産会社

居住用のマンションやアパートを探す際に、ポータルサイトなどを見ていると、「現況:2022/05/31退去予定」などと記載されたお部屋があります。これは、現在はまだ居住中だけど、2022年5月31日には部屋が空きますよ、という意味です。

人がまだ住んでいるお部屋は、基本的に室内を見ること(内見)はできません。実際に内見できるのは、前居住者が退去してからとなります。この場合、内見が可能となるのが6月1日以降。実際に入居できるのは、ルームクリーニングなどが終わった6月15日くらいになるでしょう。

もちろん内見を行わず、契約をすることは可能です。同じ間取りの、別の空室を内見して決めてしまうということもあるでしょう。ですが、やっぱり内見してから決めたいという人には、申し込みだけ済ませておくのがおすすめです。

内見できる日まで待っていたら他に取られるかも~不動産会社

申し込みを入れて、入居審査まで進めておきます。その後、実際に内見してみて、やっぱりイメージと違いましたということになっても、まだ契約しているわけではないのでペナルティーはありません。

内見できる日まで何もしないで待つというのも方法ですが、先に前記のような申込者がいれば、そちらが優先されます。申込者が複数の場合は、申し込み順に1番手、2番手などと呼ばれます。

このように申し込み後の内見を経て、キャンセルされるのは良いのですが、あの部屋もこの部屋もというのは、信義則に反しますのでやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。