非常識な人間が多い同業者 | 不動産業界

5割がアホ、4割が時代遅れな不動産業界~不動産会社

NPO業界からの転身で、不動産業界(宅建業界)未経験。経験者や知恵袋もおらず、1年前にたった一人で不動産会社を設立した私。そんな私に対して、すごいですねとか、勇気がありますねと言ってくださる方は多いです。ただ宅建士の資格を持ち、法令が定める諸々をクリアして、2日間の講習を受講。形ばかりの修了試験をパスすれば経験の有無にかかわらず営業してよいと国が決めているのだから、出来ないわけはないと思いました。

もう少し不動産業界のことをわかっている人だと、コンビニの数よりも多い宅建業に未経験で飛び込むことがすごい(無茶だ)と言います。ですが、私はそう思いません。なぜなら、基本的に同業者の多くを競争相手だと考えていないからです。

それは最近の経営学のトレンドともいえる、ライバルを倒すという発想がもう古いとか、win-winでみんながハッピーになればいいとか、そういうこととも少し違います。

不動産業界はレッドオーシャンではない~不動産会社

不動産業界ははっきり言って、非常識な人が多いです。一部、その例を挙げます。

・電話応対などで、同業者に対してぞんざいな態度を取る。
・自分より若いお客様に関係性が構築される前からタメ口を利かない。
・入居審査があるせいか、お客様にプライベートな内容を尋ねることへ鈍感になっている。
・数をこなす営業が染みついているため、悪気の有無にかかわらずお客様を雑に扱いがち。
・メール連絡を無視して悪びれない。(電話・FAX至上主義)。
・法令違反を犯すことに対する敷居が低い。

だから、特別なことをしなくても、相手を不快にさせない、ごく当たり前なことをわきまえているだけで、半分くらいは“競争相手”が減るものと考えています。

あと、人や会社としては真っ当だけど、時代の変化についていけていない業者が4割。だから、同業者の中に競争相手という存在がいるとしたら、残り1割にも満たないと思っています。だから私は、不動産業界をレッドオーシャンだとはまったく感じていません。

反論や共感のメッセージ、求めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。