農地の入札にかかわる話 | 不動産競売

農業従事者にしか発行されない「証明書」~不動産競売サポート

会社員を辞めて、これからは農業をやりたいと考えています。とりあえず農地を購入したいと思っていたところ、理想の農地が競売に出ていました。しめしめ、安く購入できるかも……。

結論から申し上げますとこの場合、入札はできません。原則としてできないと申し上げるほうが、より正確かもしれません。

農地を入札するには、農業委員会等が発行する「買受適格証明書」が必要となります。しかしながら、この証明書は農業従事者にしか発行されないものとなっています。

市街化区域内の農地ならいける~不動産競売サポート

原則として、というのは、市街化区域内の農地であれば、農業従事者以外の人でも、証明書を受けることができるからです。市街化区域とは、行政が農地だったところを人が住んだり事業を営んだりできるような都市計画を立てている区域になります。だから、農地を宅地に転用するのも、基本的にOKという話です。

そうは言っても、入札する際に証明書の提出を省略することはできません。そして、証明書の発行は、住民票や戸籍などのように即日発行できるものではないので、入札する場合は、日程に余裕をもって申請しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。