3点セットは裁判所が出す唯一の資料 | 不動産競売

誰でもみられる3点セット~不動産競売サポート

競売不動産の資料として、唯一、裁判所が出している物件資料が「3点セット」です。「期間入札の公告」があって、「現況調査報告書」、「評価書」で構成されています。

その物件を判断するのに重要な資料ですが、すべてを総合的に読み解いて初めて、その本質が理解できる内容となっています。申請して取り寄せる必要はなく、ウェブ上で誰でも閲覧が可能です。

「占有者」と聞いただけでビビってはいけない~不動産競売サポート

たとえば、占有者がいると書いてあるからといって、怖い人が居座っていると考えるのは間違っています。占有者にもいろいろあって、一例をあげると賃借人も占有者です。

投資物件として考えたとき、落札した時点から占有者(賃借人)がいるということは、最初から満室とうことで、お得な物件だといえます。一方で、自分が居住するつもりで落札したのに賃借人がいる場合は、内容によりけりですが、簡単には出て行ってもらえないのが一般的です。

そうした、「どのような占有者なのか」をきちんと見極めることができるのも、3点セットを読み解く大事なテーマの一つなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。