資産としての中古住宅 | 住宅購入

建物は古くなれば本当に価値がないのか~不動産購入

これまで日本では、減価償却という観点では、建物は20年くらいで資産価値がゼロになるという考え方の下に、価値があるのは土地のほうであって、建物が古くなれば壊しては建て替えるということを繰り返してきました。(今でもそうです)。

しかしながら、基礎や構造(スケルトン)さえ良質であれば、リフォームしてもっと長く使用できる建物もあります。

中古住宅は新築よりも選択肢が広がることや、お値打ちものに出会える可能性もあり得ます。また、新築は購入後、すぐに資産価値が下落しますが、中古は比較的、相場が安定しています。

今や、「新築が買えないから、中古で我慢する」というものではないと思います。
ご自宅の購入にぜひ、中古住宅もご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。