不動産の売り方 | 仲介売却とは

初めて不動産を売却されるとき、普通はどうすればいいのかわからないと思います。

不動産屋へ行けばいいとは思っても、ある程度のことをわかってからでないと、やっぱり不安です。

ここで不動産の売り方の一つ、仲介売却についてご説明いたします。

仲介売却はこのような方におすすめです。

・急がないので少しでも高く売りたい
・住み続けながら納得の価格で売りたい
・思い出のある家なので安売りはしたくない
・生活様式の変化で住み替えを考えている

不動産会社が売主様に代わって、購入者を探す方法です。

物件の案内をはじめ、商談、交渉、取引にかかわる手続き全般をサポート。募集・販売のための広告宣伝費は、不動産会社が負担します。

売却できた場合に発生する仲介手数料(売却価格の3%+6万円+税)の他は、費用の負担はありません。

仲介売却のメリットとデメリットとは~不動産売却~

→メリット

市場価格に近い価格で売却できる可能性が高い
住み続けながら売却活動ができる

→デメリット

購入希望者が見つかるまで時間がかかることがある
いくらで売れるか分からない
売却後の一定期間保証しなければならない場合がある

仲介売却の流れってどんな感じ?~不動産売却~

売却の相談
物件の査定
査定額の確定
媒介契約の締結

媒介契約には「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」があります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、ご自身のニーズに合った契約をお選びいただくことになります。

売却活動の開始
売買契約の締結
残金の決済・引渡し

残金を受領し、買主様名義への所有権移転が完了すると、鍵を渡して物件の引き渡しを行い、お取引は完了となります。

かなりざっくりとした内容ですが、およそこのような流れになります。

ぜひ当社へご相談ください。お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。