店舗選びは「いくらかかるか」と「どこでやるか」が大事 | テナント情報

事業を行うとき、本業の内容を充実させることはもちろん大切ですが、開業する場所や初期費用と固定費がいくらかかるかで、その後の行く末が決まってしまうと言っても過言ではありません。
商売というのは「小さく始めて大きく育てる」か、「小さく始めて小さく継続する」のが鉄則です。
そうした点を踏まえて、物件選びを行いましょう。

いくらかかるか~固定費を下げる努力と早く初期投資を回収するために~賃貸情報~

【テナント物件選びで大切な事項】

賃料、保証金、駐車料金、更新料、保証金返還率、契約期間、看板掲載料、退去予告期間、賃料の発生日、フリーレント、引き渡し状態、用途の変更に関すること
たとえば、保証金を大きく値引きしてもらうために、毎月の賃料を上げてもらったというようなケースもありますが、固定費は下げる努力をしても、安易に上げないようにすべきです。また、退去の際の原状回復義務などについても、最初にしっかり確認しておきましょう。

どこでやるか~地域性と商圏~賃貸情報~

あなたの業種はそこで流行るか、求められているか。
そこは、どんなどんな業態の店が多いか、どんな業態が流行っているか。
どんな人たちが多い地域か。また、その人たちは曜日や時間帯で変化するか。
(例:オフィス街なら平日の日中は人が多いけれど、週末は閑散としている等々)。
商店街か、駅前か、大型店舗内か、その他か。

業種によっては、「移動販売車」という選択肢も考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。