同性カップルのお部屋探し | 不動産情報

同性カップルが直面するお部屋探しの苦労

同性カップルが一緒に住むための、賃貸住宅を探すということ。そのめんどくさいところや苦労は、当事者ではない人にはイメージしづらいかもしれません。
はっきり言って大家さんや不動産業者には、LGBTsに偏見を持っていたり、理解のない人が少なくありません。高齢者が多いということもありますが、どんなに入居希望者が世間的に堅い仕事に就いていようと、LGBTsを理由に入居審査を通過できない例も多々あります。

ごまかすわけでもなく、はっきりそう言われる場合も珍しくないです。
裏を返せば、自営業者や非正規雇用であれば、なおのこと不利ということがいえます。

物件探しのスタート地点がもう、LGBTsではない人たちとは違うのです。

覚書に「LGBTの方お断り」と記載されてあり、理由を尋ねると悪びれる様子もなく、男同士が手をつないで歩いていると近所の人が怖がるかもしれないでしょ、などと言い放つ不動産業者もいるくらいです。

全国的に賃貸物件への入居をはじめとするあらゆる差別的扱いを禁じる、パートナーシップ制度を導入する自治体も増え、社会が変わり始めていることは事実です。しかしながら、自分は偏見なんか無いなどという人でも、多くは他人事と考えているからそう言うのであって、自分の身内に当事者がいることは認めたくない、許せない人たちです。

心無い業者や大家からお客様を守りたい

仲介会社がいくらがんばっても、大家さんや管理会社(大家さんから委託を受けた不動産業者)がNoと言えば、契約をすることはできません。だからせめて、そういう相手方からお客様が傷つけられることのないように守り、防波堤の役割を果たせる仲介会社になりたい。弊社は、そのように考えています。
そして、必ず、すてきなお住まいを見つけて差し上げます。気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お気軽にご相談ください。
合同会社うんすい宅建(東京都東村山市)
メールフォーム
↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。