【初めての一人暮らし】引っ越しで知っておくといい5つのこと | お部屋探し

初めての引っ越しや一人暮らしを気持ちよく始めるために~賃貸情報~

春先は、ご実家などを離れて、初めて一人暮らしを始める方も多いことと思います。住むところを決めて、引っ越し業者を依頼して荷造りをする。住民票の移動などの行政手続きや、諸々の住所変更も必要です。

そんなあなたに、引っ越しで知っておくといい5つのことをお教えします。

知っておくといいこと1.平日や夕方は引っ越し料金が安い

土日休日の日中は、どうしてもみんなが利用したいので、引っ越し料金も割高になりがちです。また、リーズナブルで評判の良い業者ほど、3月の繁忙期にはすぐに予約が埋まってしまいます。
繁忙期に限りませんが、平日や夕方のほうが予約が取れやすく、場合によっては土日休日より安く済む可能性も高いです。

知っておくといいこと2.引っ越し屋さんには繁忙期だけのアルバイトも多い

引っ越し屋さんは言うまでもなく、引っ越しのプロフェッショナルです。私も引っ越し屋さんを何度も依頼しましたが、スピードと丁寧さ、機転の良さには感心したものです。

しかしながら、人手が足りない繁忙期には、その時期だけのアルバイトさんも多くいます。当然、物が壊れた、床に傷が付いたといったようなトラブル発生のリスクは高まります。

例えば、こちらがいい加減な荷造りをしていても、プロの引っ越し屋さんなら、あっという間に補強などを施して運んでくれますが、アルバイトさんだとどうでしょうか。
すべて織り込み済みで、こちら側も備えが必要です。

知っておくといいこと3.引っ越し業者の一斉見積もりサイトを利用すると後が大変

複数の引っ越し業者へ、一斉に見積もりを依頼できるウェブサービスは便利な反面、送信した途端に、いろんな業者からの電話が鳴りまくることがあります。何度も電話をかけてくる業者もあったり、正直、うざいです(笑)。手間を惜しまず、自分に合った業者を探すことをお勧めします。

知っておくといいこと4.引っ越し先は業者がトラックを停車しやすい場所があるか

荷物の量によって車両のサイズは異なりますが、引っ越しの荷物を通常はトラックで運びます。だから、引っ越し先では荷下ろしをしなければならないので、車両を一時的に停車する場所が必要です。

業者の方はプロなので、こちらが心配することではないのかもしれませんが、引っ越し先から離れた場所にしか停車できない、停車できるけれど狭くて往来の妨げになるというような場所は結構困ります。できれば、お部屋探しの段階で、そのあたりを考慮してみるのもいいと思います。中には、通行の邪魔になるなどと文句を言いに来るのが生きがいのような近隣住民もいたりしますからね……。

知っておくといいこと5.不動産屋は案外、引っ越し屋さんに詳しい

不動産屋は提携している引っ越し業者があったり、業者さんが営業にやってきて、お部屋を契約したお客様を紹介してくださいなどと言われたり、引っ越し屋さんに精通しているところも多いように思います。

お部屋を仲介してもらった不動産業者を通すことで、話がすんなりまとまるということもあり得ます。例えば、できるだけ安く済ませたいとこだわっているうちに、繁忙期でどこも予約できなくなったなんてときでも、どうにかなるかもしれませんよ。

以上が引っ越しで知っておくといい5つのこととなりますが、引っ越しの日には引っ越し屋さんに差し上げるペットボトルのお茶を準備しておくといいです。すべてが完了して帰られる際にお渡しするのがよいでしょう。
ちょっとした心遣いが、あなたの新生活を気持ちの良いものにしてくれることを保障します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お気軽にご相談ください。
合同会社うんすい宅建(東京都東村山市)
メールフォーム
↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。